生活のこと

革の手帳カバーをフルオーダーメイド 自分だけのオリジナルカバーができる

手帳カバー

毎年、新しい手帳を選ぶのってワクワクしませんか。

私はスマホのスケジュールアプリも使っていますが、それでも紙媒体の手帳は必須なので毎年手帳を購入します。

以前は手帳のサイズやタイプも年ごとに色々と変わっていたのですが、今は文庫サイズのウィークリーで落ち着いています。


使い込めば使い込むほど味が出る革の手帳カバー

私は一般的な文庫サイズなのでその心配はありませんが、特殊なサイズの手帳を使うとその手帳が販売終了になったとたんにカバーも無駄になってしまう可能性も大。

もも花
もも花
革のカバーなんかだと、せっかくいい味が出てきたのに…とそのショックも大きいんですよね^^;
手帳

もう4年、あれ?5年かな…使っています。

もともと革製品が好きで、バッグにしても財布にしても靴にしても革製品が多いですね。スマホのカバーも革製品です。

スマホケース
大人可愛いお洒落なスマホケースが届きました1月の10日頃に注文したスマホケースが届きました。 使用しているスマホがiphoneではないため市販のスマホケースではなかなか思っ...

周りのお友達からもとっても評判が良いスマホカバーで、どこで買ったの?とよく聞かれます。

革は使えば使うほど味が出てくる。そこが何とも言えないんですよね。自分と一緒に年を重ねている感じがとても好き♪

最初は手にしっくりこなかった革が、だんだんと手に馴染んでくる。見た目も何だか真新しくて人から借りてきたみたいな感じだった革が次第に重厚さを増していく。

色の変化も必見ですね。多少傷がついても、それも味。

上記の手帳カバーは、手作り革雑貨ブラン・クチュールさんで作っていただいたものです。

手作り革雑貨 ブラン・クチュール

手作り革雑貨 ブラン・クチュール

ブラン・クチュールさんでは過去に2回ほど手帳カバーをお願いしたことがありますが、とても丁寧なつくりで革の質感もいい。

そして発送も早かったです。

内側のポケットやペンホルダーのタイプなど、いくつかあるオプションを加えることができるのがありがたいです。価格も1万円以内で十分なものをお願いできますよ。

手作り革雑貨 ブラン・クチュール

手帳カバーのサイズや細部にまで徹底してこだわりたい

ほぼ日手帳、超整理手帳、クオバディズなど有名な手帳のカバーやA5、B5、B6、文庫本サイズなどのメジャーなサイズの革カバーを作ってくれるショップはたくさんあります。

が、中には私が使っている手帳はサイズが特殊だからとか、オリジナリティを出したいとか、もっと細部にまでこだわりたいという方もおられると思います。

そこで、完全オーダーメイドのショップを探してみました。

すると、あったんですよ。とても素敵なお店が。

ブラン・クチュールさんでも多少のサイズ調整は受けてくださるらしいですが、今回見つけたのは、「もともとのオーダー表に細かいサイズを記入できる」お店です。

手帳の大きさに関係なくオーダーできますので、使っている手帳に合う革カバーが見つからない!という人は参考にしてみてくださいね。

HAZAKI Leather

HAZAKI Leather

HAZAKI Leather

定番サイズの手帳カバーはもちろんですが、サイズオーダーとして細かいサイズを指定してオーダーできるようになっています。

お見積もりフォームに詳細を記入していくようになっているのですが、その項目がすごいので時間がある時にゆっくり注文してください。

もも花
もも花
ぱぱっと記入して注文!ってことは無理です(笑)
HAZAKI Leather

記入する項目が多い、読まなければいけないことが多い注文というのは面倒に思われがちですが、それだけお客様の要望に応えてあげたいということでもあるので、しっかり注意事項などを読んで注文されてくださいね。

革の種類は「ヌメ革」か「牛ソフトシュリンク」になります。お好みのほうを注文することができますよ。

過去のオーダー事例が参考になります

出来上がりがどんな感じになるのか不安だという人もおられると思いますので、過去のオーダー事例集をご覧になって、こんな感じがいい!というのを探してみるのもいいと思います。

過去のオーダー事例集はこちら

番号を指定すれば、同じデザインで作っていただけるようです。

実はもも花も現在オーダーを検討中なんですよね^^

今使っている手帳とは別に日記帳用にと考えています。

【15】のデザインのものが気になっていて、こちらはバインダー式になっているのでデザインのみ採用してもらおうかなぁと。それと、ベルトじゃなくバタフライペンフォルダーに変更して…。

もも花
もも花
あっ、ダメだ。妄想が広がる(笑)

番号を指定して、「この部分をこのように変更して作って欲しい」というようなオーダーにすると、お店の方にもわかりやすいかもしれませんね。

ぜひ、自分だけの素敵な手帳カバーを作ってみてください。